相続税を納付しない場合はどうなるのか

相続した遺産があり、基礎控除以上の相続があった場合は、相続税を納付しなければなりません。
仮に、相続税を納付したくないので、納付しなかったとしたらどうなってしまうのでしょうか?
まず、どのような税金であっても、期限までに納付されなかったとしても、急に逮捕されることはありません。
これは、つい忘れてしまうということもありますし、納付の税金が用意できなかったという場合もあるからですね。
しかし納付できなった場合、何の罰則もないままというわけにはいきません。
申告期限までに申告をしないなら、無申告課税というものが課されるようになります。
つまり、ちゃんと申告しなかったので、税金を多めに支払ってくださいねという意味です。
この無申告加算税は、相続税額によって、また事前通知前か後かによって変わってきますので、専門家に尋ねるようにしてください。
無申告加算税に加えて、税金の納付が遅れた分として、延滞税というものも納付する必要があります。
加えて、悪質な未納付があった場合は、重加算税が課されることになります。
ですから相続税はしっかりと納付しましょう。