税理士の仕事はどんな内容なのか

税理士というと税務の専門家として非常に難易度の高い資格試験をクリアしたプロフェッショナルですが、その仕事の内容が具体的にどんなものなのかと問われると、結構答えられないという方も居るのではないでしょうか。
例えば会計士との違いは?と聞かれると更に回答が難しくなったりしますので、税理士の仕事はどんな内容なのか調べてみました。
まずはじめに、税理士法には「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」という三つのを行うことと定められているとのことです。
例えば税務代理の場合、納税者の依頼を受けて税務署等に税金の申告や申請を行う場合がこれに当たるようです。
税法というのは非常に複雑な法律で、しかも改正が頻繁に行われるようで、税金に関する知識がない一般の人にとっては自分自身で手続きを行うのが非常に難しいことが多々あるようです。
このような場合に納税者のお手伝いをしてくことが重要な業務になっているようです。
また、税務書類の作成についてですが、確定申告などの各種申告書や決算書類の作成などを指し、月次業務などで伝票整理を行ったり総勘定元帳などを作成することなど、この業務も非常に専門性の高い重要な業務です。
最後に税務相談とは、納税者から様々な税務に関する相談に乗ることで、税務官公署に対しての申告などの様々なことについてフォローを行っていくことになっています。
税理士の仕事はもちろんこれだけでは語りつくせないほど多岐にわたっていますが、基本的な業務としてはこの3つを覚えておいていいのではないでしょうか。