海外留学経験が失敗の原因になる理由

海外留学によって、本物の英語を身に着けた先は、輝かしい未来が待っていると思われるでしょうか?
確かに、貿易関係の仕事についてバリバリ仕事をしていかれるという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし海外留学を経験した方の全てが、成功を収めているわけではないようです。

では留学経験者の中で、その後の人生が上手く行かなかった方の原因はなんでしょうか?
まず第1に英語の実力が中途半端だったということです。
英語の実力を図るためのテストとして、TOEICがありますが、留学経験者の中には800点スコアを取っている方もいます。
貿易関係の仕事に就くためには、800点では若干物足りないというのが、市場の見方です。
一流企業の成績では900点以上は必要になるでしょう。

そのほかには、海外での生活に慣れてしまったために、日本の仕事環境に適応できなくなってしまったという方もいます。
海外ではワークライフバランスという考え方がありますが、日本にはこうした考え方は浸透していません。
ですから海外留学が長くなり、現地で仕事を経験してしまうと、日本の仕事スタイルに戻れなくなってしまうこともあるのかもしれません。