税理士は誠意が大事

宮崎良一さんという方は、「公認会計士ナビ」で紹介されている若手税理士兼公認会計士です。
2005年に同志社大学商学部を卒業して、有限責任監査法人トーマツ・トータルサービスに入ります。
IPO支援や内部統制支援IFRS導入支援などの業務をしたり、5年間の監査法人を経て“株式会社Bridge”を設立してCEOに就任します。
その後、社名を「税理士法人Bridge」に変更し代表に就任。
監査法人のときは、若い人が多く勢いがあり夜中でもワイワイ仕事をしていましたが、先輩たちが独立などでどんどん辞めていったのを見て、自分もいつか独立したいと考えるようになったそうです。
監査法人のとき一緒だった大庭さんを誘って独立、1人ではちょっと不安もあり一番信頼できるのが大庭さんだったということです。
宮崎さんが主に外回りをして人脈を広げプロジェクトを提案、大庭さんがその提案を元にサービスの提供を広げているそうです。
お互いが役割分担したことをしっかり守っているから、ここまでとても良い状態が続いているんですね。
宮崎さんは「とにかく目の前にある仕事を誠心誠意こなしていく。信頼関係があってこそ人との繋がりが広がるんです」とおっしゃっています。

歯医者さんと医師にはどのような違いがあるのか?

歯医者さんを目指している方にとっては、もう1つの選択肢として医師というものがあるでしょう。
では医師と歯科医師には、実際どのような違いがあるのでしょうか?
まず教育内容に関して、いくらかの違いがあります。
基礎的な内容、解剖学や生理学、病理学という分野では大きな違いがありませんが、その他では若干異なる部分があります。
しかし歯科医師は頭部しか勉強しないのではないかと思われるかもしれませんが、医学部で学ぶ医師を目指す学生と同じく、全身について学ぶのが歯学部や歯科大学です。
意外に思われる方もいるかもしれませんが、歯科医師になるための教育の中には、内科学や外科学、眼科学などの分野についても含まれています。
ですから歯科医師は、頭部のみを勉強すれば良いというわけではなく、やはり全身について学ぶ必要があるということになります。
では歯科医師は死亡診断書を書くことができるか、ご存知でしょうか?
ほとんどの方は、歯科医師は死亡診断書を書けないと思われるかもしれませんが、歯科医師であっても死亡診断書という公式の文書を書くことができます。
つまり歯科医師は、かなり医師に近い存在と言えるでしょう。

相続税を納付しない場合はどうなるのか

相続した遺産があり、基礎控除以上の相続があった場合は、相続税を納付しなければなりません。
仮に、相続税を納付したくないので、納付しなかったとしたらどうなってしまうのでしょうか?
まず、どのような税金であっても、期限までに納付されなかったとしても、急に逮捕されることはありません。
これは、つい忘れてしまうということもありますし、納付の税金が用意できなかったという場合もあるからですね。
しかし納付できなった場合、何の罰則もないままというわけにはいきません。
申告期限までに申告をしないなら、無申告課税というものが課されるようになります。
つまり、ちゃんと申告しなかったので、税金を多めに支払ってくださいねという意味です。
この無申告加算税は、相続税額によって、また事前通知前か後かによって変わってきますので、専門家に尋ねるようにしてください。
無申告加算税に加えて、税金の納付が遅れた分として、延滞税というものも納付する必要があります。
加えて、悪質な未納付があった場合は、重加算税が課されることになります。
ですから相続税はしっかりと納付しましょう。

美容院で緊張したくないのは男女とも同じです

美容院は男女問わず行きます。
理容院も同じです。
女性専用の美容院は多いですが、男性専用の美容院もあります。
女性専用の美容院に男性が行く事はあり得ないです。
男性専用の美容院に女性が行く事もないです。
美容師に異性がいる場合は多いですが、お客さんはすべて同性です。
同性のお客さんばかりですから安心して美容院に通う事ができます。
美容師が異性でも緊張するのにお客さんに異性がいて緊張しないはずがありません。
それにリラックスできません。
リラックスをしたいために美容院に行く人も多いです。
リラックスをしたいのに緊張をしてばかりいたら行った意味がありません。
男性も女性のお客さんがいたら緊張します。
お客さんだけではなく担当の美容師が女性でも緊張します。
担当の美容師が女性でも緊張するのにお客さんに女性が多くて緊張しないわけがありません。
疲れをとるためにマッサージ店に行く人は多いです。
美容院は疲れをとるお店ではないですけど、リラックスはしたいです。
美容院に行ってずっと緊張の連続というのは良くないです。
メンズエステでも緊張はしますが、でも異性の目を気にする事はないです。
異性の目を気にしないだけでも緊張は薄れます。
エステもマッサージも美容院にしてもリラックスした状態で行きたいですね。
緊張をしていると納得のいく髪型にしてもらっても良いと感じる事はほとんどないですが、リラックスをしていたら心から良いと感じます。
それだけに美容院でリラックスをするのは大切な事です。

借金滞納する前に弁護士に相談しよう

お金を借りると毎月返済しなければなりませんが、返済する金額が多くなるほど大変ですよね。
複数の金融機関からお金を借りると返済日も複数になるので、返済してもまた別の返済をしなければなりません。
返済が困難になり、そのうち返済を滞納してしまうと督促の電話がかかってきたり、一括請求の手紙がやってきます。
支払いが滞れば遅延損害金も発生し、ブラックリストにのってしまうので、今後お金を借りる事ができなくなります。
手紙や電話などによって家族や会社にバレることもあります。
だからこうなる前に弁護士に相談するといいでしょう。
業者が家に来たり、会社に督促の電話をかけてくる事もありますが、弁護士に債務整理を依頼すれば、このような行為をストップされる事ができます。
また、返済を一時ストップする事ができるんですよ。
弁護士に債務整理を依頼すると費用がかかりますが、返済がストップするので今まで返済にあてていたお金で費用を支払うことができます。
また分割払いが可能な場合もあり、依頼する前に支払いについても確認しておくといいでしょう。

イギリス留学にかかる費用って?!

最近は英語を身に付ける最短で効率的な方法として「留学」を選ぶ人が多いそうです。
留学先も英語圏であればどこでも良いのかもしれませんが、それでも語学留学先の王道は「イギリス」ですよね。
しかし「イギリスに留学に行きたい!」と思っても、気になるのはその費用ですよね。
イギリスに普通に海外旅行に行ったとしてもかなりの旅費はかかるので、留学するとしたら一体いくらくらいかかるのでしょうか?
簡単に調べてみたところ、イギリス留学にかかるのは11,000ポンド~28,000ポンドで、レートにもよりますが日本円だと150万円~250万円はかかる計算になるそうです。
ただ、イギリス国内でも街や学校、それに生活環境などでも費用はまちまちです。
例えばロンドンと田舎のシティでは物価も違いますし、生活費は大きく異なります。
自分に合った留学プランをじっくり検討してみることが大切ですね。
ちなみに留学の助成金や補助金などの制度も利用できるものがたくさんありそうです。
文科省など政府の海外留学推進の助成金制度もあるようなので、応募条件を満たしているならまずは応募してみるといいですね!

税理士の仕事はどんな内容なのか

税理士というと税務の専門家として非常に難易度の高い資格試験をクリアしたプロフェッショナルですが、その仕事の内容が具体的にどんなものなのかと問われると、結構答えられないという方も居るのではないでしょうか。
例えば会計士との違いは?と聞かれると更に回答が難しくなったりしますので、税理士の仕事はどんな内容なのか調べてみました。
まずはじめに、税理士法には「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」という三つのを行うことと定められているとのことです。
例えば税務代理の場合、納税者の依頼を受けて税務署等に税金の申告や申請を行う場合がこれに当たるようです。
税法というのは非常に複雑な法律で、しかも改正が頻繁に行われるようで、税金に関する知識がない一般の人にとっては自分自身で手続きを行うのが非常に難しいことが多々あるようです。
このような場合に納税者のお手伝いをしてくことが重要な業務になっているようです。
また、税務書類の作成についてですが、確定申告などの各種申告書や決算書類の作成などを指し、月次業務などで伝票整理を行ったり総勘定元帳などを作成することなど、この業務も非常に専門性の高い重要な業務です。
最後に税務相談とは、納税者から様々な税務に関する相談に乗ることで、税務官公署に対しての申告などの様々なことについてフォローを行っていくことになっています。
税理士の仕事はもちろんこれだけでは語りつくせないほど多岐にわたっていますが、基本的な業務としてはこの3つを覚えておいていいのではないでしょうか。

クオリティの高いDVD制作はプロにお任せ!

うちの子は毎日ユーチューブを見て楽しんでいて、テレビを見るよりも動画の方が楽しいみたいですね。
他人がやっているゲームを見て何が楽しいのか私にはわかりませんが、ゲームの他に実験の動画とか色々あるんですね。
次から次へと自分の見たい動画が見れるからテレビよりも面白いんだと思いますが、人を楽しませる動画を撮るのって大変でしょうね。
素人でも動画を撮ることはできますが、企業用の動画となるとDVD制作のプロに依頼した方がいいですよね。
素人とプロではクオリティの高さが全然違うので、効果の高い動画を撮ってもらう事ができます。
ただ、プロに依頼すると費用もそれなりにかかりますけどね。
DVD制作をプロに依頼する場合には、できれば複数の会社から見積りを取り、内容を比較する必要があります。
見積りを見ればわかりますが、撮影と編集のみの費用だけで企画構成や演出がない場合もあります。
この場合には費用も安いのですが、台本や構成は自分でやらなければなりません。
ですから見積りを見る時には料金だけではなく、企画構成や演出費が含まれているかも確認しましょう。

海外留学経験が失敗の原因になる理由

海外留学によって、本物の英語を身に着けた先は、輝かしい未来が待っていると思われるでしょうか?
確かに、貿易関係の仕事についてバリバリ仕事をしていかれるという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし海外留学を経験した方の全てが、成功を収めているわけではないようです。

では留学経験者の中で、その後の人生が上手く行かなかった方の原因はなんでしょうか?
まず第1に英語の実力が中途半端だったということです。
英語の実力を図るためのテストとして、TOEICがありますが、留学経験者の中には800点スコアを取っている方もいます。
貿易関係の仕事に就くためには、800点では若干物足りないというのが、市場の見方です。
一流企業の成績では900点以上は必要になるでしょう。

そのほかには、海外での生活に慣れてしまったために、日本の仕事環境に適応できなくなってしまったという方もいます。
海外ではワークライフバランスという考え方がありますが、日本にはこうした考え方は浸透していません。
ですから海外留学が長くなり、現地で仕事を経験してしまうと、日本の仕事スタイルに戻れなくなってしまうこともあるのかもしれません。

予防歯科で正しい歯磨きを学びましょう

これまでにどのように歯を磨くのか教えてもらったことがあるでしょうか?
おそらくほとんどの方は、こうした経験がないのではないでしょうか?
つまり多くの方は、どのように歯を磨くのかを理解していないまま、毎日歯磨きをしているという事になります。

そのため歯医者には多くの患者さんが、毎日にように訪れており、絶え間なく治療が行われています。
確かに虫歯を治療する技術が優れている歯医者さんはとても信頼できるものです。
しかし最も優れている歯医者さんとは、患者さんを出さない歯医者さんです。

医師でも同じですが、患者さんが健康を維持できるように援助するのが、良い医師の条件です。
歯医者も同じであり、どのように口の健康を維持できるのかを丁寧に教え、虫歯になる可能性のある方を減らすような歯科医が最も優れた歯科医と言えるでしょう。

このような歯医者さんは、通常予防歯科という診療科目を行なっています。
歯医者さんに行くと、一般歯科、矯正歯科、審美歯科、そして予防歯科というような科目が載せられています。
この予防歯科に行くと、正しい歯の磨き方や口の健康維持方法を教えてもらうことができます。